会津若松市戊辰150周年記念事業

歴史と観光のまちを巡る
モデルコース

まちなかで戊辰戦争と先人を偲ぶ

モデルコースtop画像
コース概要
スタート
1

鶴ヶ城つるがじょう

鶴ヶ城

天守閣内では戊辰特集として、一年を通じて戊辰関連の展示を行っています。また、北出丸には「遠藤敬止顕彰碑」、本丸には「佐川官兵衛殉節碑」、三の丸とその周辺には「秩父宮妃勢津子殿下お手植えの松」「秋月悌次郎詩碑」「新島八重の像」「佐川官兵衛顕彰碑」と先人ゆかりのスポットが点在しています。

住所 : 福島県会津若松市追手町1-1

問合せ先 : 会津若松観光ビューロー

電話 : 0242-27-4005

詳細を見る

自転車2分

2

西郷頼母邸跡さいごうたのもていあと

西郷頼母邸跡

藩祖以来の重臣、西郷家の屋敷跡です。鶴ヶ城の周辺には家老の屋敷が軒を連ねていました。時間に余裕があれば「萱野権兵衛屋敷跡」、「山川三兄弟生誕地」も回ってみてはいかがでしょう。

住所 : 福島県会津若松市追手町

問合せ先 : 会津若松観光ビューロー

電話 : 0242-27-4005

詳細を見る

自転車1分

3

白露庭はくろてい

白露庭

会津藩家老内藤家の屋敷跡。梶原平馬の実家でもあります。

住所 : 福島県会津若松市追手町6-6

詳細を見る

自転車5分

4

甲賀町口門跡こうがまちぐちもんあと

甲賀町口門跡

若松城下で十六あった郭門中、唯一現存する郭門の名残の石垣です。国指定史跡になっています。

住所 : 福島県会津若松市栄町4-49付近

詳細を見る

自転車5分

5

興徳寺こうとくじ

興徳寺

会津若松の基礎を築いた文武両道に優れた名称「蒲生氏郷」の墓が有ることで有名ですが、元大阪市長池上四郎他が建立した池上家累代の墓が有ります。

住所 : 福島県会津若松市栄町2-12

詳細を見る

自転車5分

6

飯沼貞吉生家跡いいぬまさだきちせいかあと

飯沼貞吉生家跡

飯盛山で自刃した白虎隊の唯一の生存者である飯沼貞吉の生家跡。白虎隊の悲劇は彼により後世に語り継がれました。

住所 : 福島県会津若松市西栄町1-82

自転車5分

7

諏方神社すわじんじゃ

諏方神社

市内には長命寺、秀長寺など古戦場が点在します。諏方神社もその一つです。神社の木製鳥居には会津戦争時と思われる弾痕が残っています。なお、また近くの山鹿クリニックは白虎隊士中二番隊 隊長日向内記の生家跡地です。さらに竹田総合病院は安達藤三郎の生家跡地で玄関前に紹介板と石碑があります。

住所 : 福島県会津若松市本町2-50

自転車5分

8

会津藩士 秋月悌次郎生誕の地 石碑あいづはんし あきづきていじろうせいたんのち せきひ

会津藩士 秋月悌次郎生誕の地 石碑

幕末から明治にかけての会津藩士 秋月悌次郎は、戊辰の役終結後、藩主松平容保公の減刑と、山川健次郎等、会津の将来を託すべき若者への教育をゆだねることに奔走し、自らは東京第一高等中学校や熊本第五高等中学校の教授として後進の教育にあたったことから、その教えを受けた子弟は全国にまたがって、その教育方針を拡大して今に受け継がれていると考えられる。この石碑により市民や観光客の街歩きの中での理解を進める一助とする。
【紹介者:秋月悌次郎顕彰会】
(「戊辰戦争と会津の先人」ゆかりの場所にご応募いただいた内容)

住所 : 福島県会津若松市湯川町3-45

自転車10分

ゴール

鶴ヶ城