会津若松市戊辰150周年記念事業

開催日程/平成30年9月1日(土) ~ 平成30年10月14日(日)

【福島県立博物館】戊辰戦争150年写真

先人たちは、何を選択し、のこしたのか-

この展覧会は、決して華やかではありません。出品資料の多さにかかわらず「色味」の少ない、モノトーンの展示の中で、皆さんの目をひくのはおそらく錦旗のコーナーでしょう。錦旗が「官軍」の象徴として示された時、当時の人々はどのような思いを抱いたのか、実際に会場で確かめていただきたいと思います。

京都守護職となった会津藩主・松平容保は、諸藩の思惑が渦巻く幕末の京都で公武間の調整につとめ、孝明天皇から信頼を得ました。しかし天皇崩御の後、一転して錦旗を掲げられ、「朝敵」とされました。会津藩は謝罪・嘆願を働きかけますが、新政府側は受け容れませんでした。これにより、東北や越後の諸藩を広範囲に巻き込み、戊辰戦争の戦渦は拡大していきます。

この展覧会は、めざした会津救済・戦争回避の道が実現せず、同盟を組んで戦うことを余儀なくされた東北・越後の視点から、戊辰戦争を紹介します。当時の人々の記録や関連資料を丹念に集め、150年前に何が起きていたのかを考える機会としました。新潟県立歴史博物館・仙台市博物館との共同企画により実現した本展。それぞれに豊富な地域資料を交えながら三館を巡回します。

写真(左):会津藩旗 個人蔵
写真(右):錦旗 東京国立博物館蔵 Image:TNM Image Archives

開催場所
福島県立博物館
住所
会津若松市城東町1-25
アクセス方法
関連サイト
http://www.general-museum.fks.ed.jp/
お問合せ
福島県立博物館
Tel 0242-28-6000
PDFをダウンロード