会津若松市戊辰150周年記念事業

保科正之の会津統治写真

▲ 保科正之公

会津松平家初代藩主

2代将軍徳川秀忠の子として生まれた保科正之は、1643年(寛永20年)会津23万石を領しました。
3代将軍家光の遺命により4代将軍家綱を補佐。会津の政治にも目を配り、徳川家に対する忠誠や藩士の心構えを説いた「家訓十五カ条」を定めると共に、現代の伝統産業でもある会津漆器作りに力を注ぎ、その後9代続く会津松平藩の基礎を築き上げました。

関連する先人

保科 正之写真

保科 正之
会津松平家初代藩主

松平 容保写真

松平 容保
会津藩9代藩主 京都守護職