会津若松市戊辰150周年記念事業

八月十八日の政変写真

▲ 御所九門の図

尊王攘夷派を京都から追放

この頃の日本は、外国を排除し天皇主体の政治を望む「尊王攘夷派」と、幕府と公家が協力しあう政治を望む「公武合体派」に分かれていました。会津藩・薩摩藩を中心とした公武合体派は、一部の公家たちが尊王攘夷派と協力し、攘夷の徹底を天皇に奏上し、受け入れられない場合は武力行使をするという情報をつかみました。会津藩は、孝明天皇より討伐の意向を受け、長州藩を主とする尊王攘夷派とそれに近い立場の公家七名を京都から長州に追放しました。

関連する先人

松平 容保写真

松平 容保
会津藩9代藩主 京都守護職

山川 浩写真

山川 浩
会津の知将。彼岸獅子で入城

山川 健次郎写真

山川 健次郎
東京帝国大学初代総長