会津若松市戊辰150周年記念事業

新選組 池田屋事件写真

▲ 近藤勇

尊王攘夷派の計画を未然に防ぐ

1863年、松平容保が近藤勇らの浪士隊を京都守護職預かりとし、壬生浪士隊が誕生しました。その後、八月十八日の政変で活躍し、正式に「新選組」と命名されました。
1864年5月頃、京都から追い出された長州藩を中心とする尊王攘夷派は、孝明天皇を長州へ誘拐し、京都の街に火をつけ、その隙に将軍 一橋慶喜と会津藩藩主 松平容保の暗殺するという京都大火の計画を進めていました。
しかし、当時会津藩のお預かりとなっていた新選組によって察知され、池田屋で尊王攘夷派の会合が行われていたところを新選組が襲撃し、計画を未然に防ぐことに成功しました。

関連する先人

松平 容保写真

松平 容保
会津藩9代藩主 京都守護職

佐々木 只三郎写真

佐々木 只三郎
京都見廻組隊長

手代木 勝任写真

手代木 勝任
京都守護職時代の会津藩公用人

近藤 勇写真

近藤 勇
新選組局長

土方 歳三写真

土方 歳三
新選組 鬼の副長

斉藤 一写真

斉藤 一
新選組最強の剣士