会津若松市戊辰150周年記念事業

西郷 四郎写真

姿三四郎のモデル

藩士志田貞二郎の三男。3歳の時戊辰戦争が起こり一家は若松から津川に移住し、そこで成人しました。
その後上京し講道館に入門。山嵐の大業をあみ出し小説「姿三四郎」のモデルとなり、近代柔道の礎を築きました。
16歳の時、家老西郷頼母の養子となりましたが、実子だという説もあります。

ゆかりの地

阿賀町/新潟県

西郷四郎碑

尾道市/広島県

西郷四郎碑

長崎市/長崎県

西郷四郎墓