会津若松市戊辰150周年記念事業

近藤 勇写真

新選組局長

幕末の京都に名をとどろかせた新選組の局長。
1863年(文久3年)、浪士隊として上洛し、「壬生浪士組」の後「新選組」の隊名を与えられ、その後局長となりました。当時の新選組は京都守護職松平容保のもと、会津藩支配下にありました。
鳥羽伏見での敗戦後、近藤は捕縛され板橋(東京)の処刑場で斬首刑に処せられ、京都三条河原にさらされました。
会津入りした土方歳三によって遺髪を葬ったとされる墓が、会津若松市内の天寧寺にあります。

関連スポット

ゆかりの地