会津若松市戊辰150周年記念事業

松平 定敬写真

桑名藩主、会津藩主松平容保の弟

岐阜県高須藩松平義建の子で松平容保の弟。
桑名藩主松平家の養子となり、1864年(元治元年)京都所司代に任命され、京都守護職の兄容保と共に京都の治安維持に努めました。
戊辰戦争では桑名藩士を率いて各地を転戦。津川を経て会津軍と合流し鶴ヶ城籠城戦では容保に諭され米沢方面へ落ち延び、最終的には箱館の五稜郭へ渡りましたが桑名藩家老酒井孫八郎に説得され単独降伏。
明治5年の赦免後は、亡くなった容保の後を引き継ぎ、日光東照宮宮司となりました。

関連スポット

ゆかりの地