会津若松市戊辰150周年記念事業

山川 健次郎写真

東京帝国大学総長

家老職の家に生まれる。日新館で学び、戊辰戦争時は白虎隊に編入されましたが年少であったため除隊しました。
戦後は、猪苗代で謹慎中、脱走するかたちで新潟で漢学、佐渡・東京で英語・数学を学びました。
明治4年アメリカに留学。エール大学で物理学の学位を得て、日本初の理学博士となりました。東京、九州、京都の各帝国大学の総長を努め、日本の物理学界、大学教育界に大きな貢献をしました。
「京都守護職始末」や「会津戊辰戦史」を編集し明治維新における会津藩の立場を明らかにしました。

関連スポット