会津若松市戊辰150周年記念事業

山本 覚馬写真

幕末維新の先覚者

砲術指南山本権八の長男で新島八重の兄。
日新館で学び文武兵学を修得後、藩命により江戸・佐久間象山の塾で学び、蘭学、様式砲術を研究し、会津藩蘭学所を設置。会津軍の近代化に励みました。
禁門の変では砲兵隊を指揮。鳥羽・伏見の戦いでは新政府軍に捕らえられ幽閉されました。
獄中、失明と脊髄を損傷しながらも進歩的な政策を示した「管見」が認められ釈放。その後京都府顧問や京都商工会議所会頭などの要職について京都の近代化に貢献しました。
また、キリスト教に共感し、妹八重の夫である新島襄らの同志社創立を支援しました。

関連スポット

ゆかりの地

京都市/京都府

京都の近代化に貢献