会津若松市戊辰150周年記念事業

広沢 安任写真

新しい青森県生みの親

会津藩時代、松平容保が京都守護職を拝命した際、公用方として活躍しました。
戊辰戦争時は、藩公の無実と戦争の愚かさを訴え単身総督府に乗り込みましたが、投獄されました。
戊辰戦争後、斗南へ移住し開拓や旧藩の援助などを行いました。廃藩置県後は合県運動を進め現在の青森県の基礎を作り、また日本初の西洋式牧場を開設し畜産界に多大な貢献をしました。

ゆかりの地