会津若松市戊辰150周年記念事業

遠藤 敬止写真

鶴ヶ城趾保存の恩人

鳥羽伏見の戦いの際、会津軍に入り籠城戦にも参加しました。開城後、幽閉されましたが、赦免されたのち慶応義塾で経済学を学び実業界に身を投じました。仙台の七十七銀行頭取、仙台商工会議所初代会頭などを務め経済人として活躍しました。明治23年新政府によって鶴ヶ城の払い下げが決定した際、松平家に渡るよう尽力しました。城跡は後に松平家から若松市に譲渡され、昭和46年敬止の徳をたたえ鶴ヶ城北出丸に顕彰碑が建立されました。

関連スポット

ゆかりの地

仙台市/宮城県

遠藤敬止墓「仙台市青葉区新坂町17-1 浄土宗充国寺」