会津若松市戊辰150周年記念事業

松平 容大写真

松平家11代当主 幼き斗南藩主

松平容保の長男。明治2年6月御薬園で生まれる。同年9月、新政府より家名再興を許可する旨が伝えら容保の血脈の者があったら願い出るように指示が出た。梶原平馬と山川大蔵の働きにより11月に容大が家名を相続し斗南藩主となる。明治4年の廃藩置県で斗南藩は斗南県となり、藩知事だった容大は東京に移住。
明治17年、華族令により子爵を授けられる。その後陸軍に入り奇兵大尉まで累進。
明治39年には貴族院議員に選出されて死去するまで在任しました。

関連スポット

ゆかりの地

むつ市/青森県

元斗南藩領・姉妹都市