会津若松市戊辰150周年記念事業

戊辰戦争の会津藩の本営

江戸への参勤交代や領内巡視などの際の休息所で、戊辰戦争では会津藩の本営となり、白虎隊もここで命をうけて戸ノ口原戦場へと出陣していきました。
茅葺きの屋根におおわれた書院づくりの建物は、国の重要文化財に指定され、御入御門、御座の間、御次の間などが当時の姿のまま残されており、さらに歴代藩主の愛用した身回り品、参勤交代の道具類、古文書なども保管されています。
建物のあちこちに弾痕や刀傷があり、当時の戦いの痕跡をとどめています。
(冬季期間は要予約)

住所
福島県会津若松市一箕町滝沢122
アクセス方法
ハイカラさん・あかべぇ「飯盛山下」下車、徒歩10分
お問合せ
Tel 0242-22-8525