会津若松市戊辰150周年記念事業

会津藩校日新館、唯一の遺構

日新館天文台跡は、基底12間余、台上方5間半、高さ3間半で、天文学習の観測場でした。
白虎隊の少年達も文武を学んだ藩校日新館は戊辰戦争で新政府軍に軍事利用されるのを防ぐため火を放ち焼失しているため、日新館の施設で今に残る唯一の遺構です。
冬至の日には、暦学家や天文師範などが集まって、明年の雲気候や、晴雨考を編んで官に提出しました。

住所
福島県会津若松市米代1-1-55 付近
アクセス方法
路線バス「鶴ヶ城西口」下車、徒歩3分 ハイカラさん・あかべぇ「鶴ヶ城入口」下車、徒歩10分