会津若松市戊辰150周年記念事業

多くの会津藩士の墓がある

会津藩主保科家の菩提寺として発展してきました。境内には会津藩家老西郷頼母夫妻の墓や西郷邸で自決した西郷一族を埋葬した「二十一人の墓」や会津藩士の遺体の埋葬に尽力した伴百悦の墓など、多くの会津藩士のお墓があります。
「奈与竹の碑」は、家老西郷頼母の妻千重子の辞世の句「なよ竹の風にまかする身ながらもたわまぬ節はありとこそ聞け」という戊辰戦争で花と散った会津婦道の精神を示す句で、碑陰には戊辰戦争で散った233名の会津藩の婦人名が刻まれています。毎年5月1日に奈与竹墓前祭がおこなわれます。

住所
福島県会津若松市北青木13-3
アクセス方法
路線バス「青木」下車、徒歩10分
お問合せ
Tel 0242-26-3022