会津若松市戊辰150周年記念事業

柴四朗、柴五郎ら柴家の墓地

天正18年(1590)蒲生氏郷が父賢秀のために建立、尊敬する結城郡(茨城県)安穏寺の高僧を迎えて開山しました。当時は郭内の米代にありましたが、慶長17年(1612)現在の小田山麓に移転されました。戊辰戦争の戦火にあい山門、鐘楼など七堂伽藍が消失。現在は本堂や山門が再建されています。
墓地内には柴四郎、柴五郎など、柴家一族の墓があります。

住所
福島県会津若松市花見ヶ丘3-3-8
アクセス方法
路線バス「小田橋」下車、徒歩5分